商 品 詳 細
 貝類
<< 商品一覧へ
チリペルーの海岸線は6,000kmを越える長さを有しており、ここには様々な貝類が生息しています。それらの多くが日本に輸出されて皆様に親しまれています。

1. ロコ貝(チリあわび)
学名 : CONCHOLEPAS  CONCHOLEPAS
英文名 : CHILEAN ABALONE
ローカル名 : LOCO (ロコ)
長い間親しまれているチリ、ペルーの代表的な貝です。あわびに似た外観と食感をもち、チリあわびとしてあわびの代用に広く使われてきました。
-生食、すしねた用に
-スライスして珍味原料に
-煮貝用に
-缶詰となって中華商材に
現在は基本的にはチリ全土にわたって禁猟となっていますが、チリの南部、北部、ともに年の前半、後半に1-2ヶ月、限度数量まで漁が許されます。ペルーは禁猟がありません。ペルーのロコ貝はチリよりもサイズが小粒となっています。


2. ロカテ(チリサザエ)
学名 : THAIS CHOCOLATA
英文名 : TOPSHELL 
ローカル名 : CARACOL LOCATE (カラコール・ロカテ)
チリ北部からペルー南部にかけてみられる貝。これも長い間対日輸出されています。これはサザエと似ておりチリサザエと呼称されたこともありました。様々な用途があり、煮貝、珍味原料等に広く使われています。

3. ソフトハマグリ(トゥンバオ)
学名 : SEMELE SOLIDA GRAY
英文名 : SOLID SEMELE
ローカル名 : TUMBAO (トゥンバオ)
ソフトハマグリと呼ばれています。開いて内蔵のわたを取り除き味付けをして寿司ねた等に利用されます。
ハマグリにあたる貝としては他にアルメハ(ALMEJA)がありますが、近年漁が少なく、このトゥンバオ(TUMBAO)のほうがより多く輸入されています。味付けハマグリなどに加工されて使われています。チリの、南部プエルトモント近辺で取れます。



4. ホワイトクラム(クレンゲ)
学名 : GARI SOLIDA
英文名 : PACIFIC CLAM (WHILE CLAM)
ローカル名 : CULENGUE (クレング)
これもハマグリに似た二枚貝です。缶詰加工され中華商材などに使われます。






5. マテ貝(ナバハ)
学名 : ENSIS MACHA
英文名 : RAZOR SHALL
ローカル名 : NAVAJA
これは日本のマテ貝といえます。現地でも海鮮スープなどに使われています。多くは缶詰で東南アジア、スペインに輸出されています。当社ではかつてこれを冷凍IQFで輸入して、中華商材、すし種に利用してもらったことがあります。近々再輸入をしようと考えています。
 
6. あげ巻き貝(ナバフェラ)
九州でよく消費されるあげ巻き貝がチリにあります。
これの冷凍を今後輸入することにしました。大粒サイズが均一なのでサイズ別けしません(1QF、1Kg袋入り)
ページトップへ